FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

暗闇と液体生物と私

久々に村のお話を進めます。
線画自体は以前途中で投げて未完成のままだったものを引っ張ってきました。
・・・今の絵と比べても大差ない・・・レベル上がってないのがモロバレです。
gifアニメ&差分も久々に作りました。
今回の更新はどちらかといえばこちらが本体です。文章はおまけです。
DLは↓から
ttp://www1.axfc.net/uploader/Ne/so/122549
pass:liquidstone




「今日はちょっと変わったものを紹介するわね」
エルコはそう言うと、屋敷の地下へと案内してくれた。
この屋敷は、外見からは想像も出来ないほど中が広かったが、さらに地下まであるという。
その地下も、どうやら思っていた以上に広いらしい。これもエルコの持つ魔法のような何かだろうか。
実際に、ここでは現実的には説明のつかない事柄が多すぎるし、
石像収集方法もどうも自分の理解を超えている。
それならば多少の空間の大きさの違和感くらい、今更どうということはないのだ。
あなたは気にしないことにして、この広い地下の通路を歩いて行った。

「着いたわ、ここよ」
同じような風景が続いた先のとある一室、ドアを開けると部屋の端の方に何かが見えた。
それは人の半分ほどの高さか、しかし部屋の中は薄暗くてよく見えない。
エルコが明かりを貸してくれた。部屋が良く見渡せるようになり、その正体が良く見えた。

20111127liquid15.jpg

それは四つん這いになった状態に良く似ている、人の形をした石膏のような塊。
地面には同じように石膏のような白っぽいものが広範囲にわたり覆っている。
・・・この塊、元は人間なのだろう。そうでなければエルコは運んでこない。

「ふふ、何となく分かったような、という顔してるわね」
エルコはニヤニヤしながらこちらの顔を覗きこんでくる。
いつものようにあなたは軽く頷くと、エルコは待ってましたと言わんばかりに解説を始める。
「これはね、冒険者の一人よ。そしてこの部屋はダンジョンの一部なの」
「石膏のようなこれは、石化能力を持った粘度の高い液体状の魔法生物よ」
「冒険者は罠の解除に失敗して、転移魔法でこの液体の生息する部屋に飛ばされたの」
「逃げようと思ったけど出口が見当たらない、部屋は薄暗くてよく見えない」
「そんな中この液体状の生物はこちらに向かってゆっくり向かってくる・・・」

続きを読む »

web拍手 by FC2

1周年です

気が付けばブログ開設から1年経っておりました。
訪れてくださっている皆様方、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

・・・と、普通に話してみましたが、実は鏡水ケイさんのケイの絵日記で紹介されていたのをみて、
そこで初めて「はっ、1年経ってた!」と気が付いたという体たらくです。
張本人より詳しいケイさんでした。思い出させてくださってありがとうございました。


今回の更新は1周年記念も兼ねて、FF6よりセリスです。

20111105celes01.jpg

続きを読む »

web拍手 by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。